大井歯科・コンセプト

HOME >> コンセプト

患者様のQOL向上をめざして

CBSインプラントセンター大井歯科は、地下鉄東別院駅から徒歩2分、開業して25年目になります。
虫歯や歯周病の治療を始め、マイクロスコープを用いた根管治療、矯正歯科、審美歯科、インプラント治療など、さまざまな治療を行っています。もちろん自由診療だけでなく、各種保険診療にも対応しております。
当院が大切にしていることは、患者様としっかりコミュニケーションを取ることです。
専門的な説明ではなく、レントゲン写真や液晶モニターを見ながらわかりやすい説明を心がけること、また、患者様のご希望やお悩みを充分にお伺いし、納得いただけるまで治療計画をご説明いたします。
患者様と共に話し合い、同じゴールを目指して協力して進んでいく、そんな歯科治療をめざしております。

さらに、当院ではQOL(=生活の質)の向上を重視しています。患者様がいかに豊かで快適な私生活を送ることができるか? そのために歯科医院としてできることは何か? そのことに常に取り組んでいます。お口の健康と患者様のライフスタイルの充実がバランスよく循環することで、QOLの向上が実現できるものと考えております。

コンセプト:CBSインプラントセンター大井歯科

ページの先頭へ

私達クリニックの診療方針について

私達は自分や自分の家族が受けたい歯科治療を常に考えます。もっとも大切なこと、それは一度治した歯がずっといい状態で長持ちすることではないでしょうか。
大切なのは、こうした保険ルールの制約のない『丁寧』『慎重』『確実』といった治療を行うことで、『質の高い治療』を実現しその歯を再治療せず、長く持たせることが初めて可能になります

  • 「なかなか痛みや腫れが引かずに困っている」
  • 「できるだけ自分の歯を抜かずに治したい」
  • 「一度治した歯は再治療せずに長く持たせたい」
  • 「しっかりとした基礎治療の後、綺麗に治したい」
上記の様な従来の保険診療では解決の難しいお悩みにお応えします

ページの先頭へ

カウンセリング

歯科治療に対する「怖い」「痛い」といったマイナスイメージを持たれている方は少なくないと思います。
当院のカウンセリングでは、患者様の不安・疑問を解消し、治療についての説明を納得いただけるまで丁寧に行うように努めております。

また、患者様のストレスをなくし、常に安心してお越し頂けるよう衛生的かつリラックスできる空間づくりにも力を入れております。

  • 患者様の不安や疑問、緊張を解くためのカウンセリング
  • 歯科医院特有の匂いや音への配慮、衛生的でリラックスできる空間
患者様の不安や緊張を和らげることは、結果としてより良い治療効果にもつながります。
常に気持ちよくお帰りいただける歯科医院を目指しております。

安心できる治療のための取り組み

個室診療

プライバシーの保護を考慮し、個室診療室を完備しております。患者様にとって居心地よく、快適な院内環境を整えております。

予後を考えた、精密な診断・治療

当院では、マイクロスコープを使って精密な診断を行っています。治療前に細かく診断して正確な判断を下すことは、治療後の経過を良いものにするために大事なことです。

マイクロスコープの詳細はこちら

痛くない、怖くない無痛治療

表面麻酔や麻酔液保温などの麻酔注射前の準備、痛みだけでなく出血も少なく傷の治りが早いレーザー治療などにより、「痛くない」「怖くない」歯科治療を実現しております。

当院の治療方針

当医院は「ガラス張りの治療」を行っております。ガラス張りの歯科医院とは・・・

たとえば、パン屋さん、ケーキ屋さん、おそば屋さんといったお店の中には、商品を作っているところをお客様に見せることで、商品作成の透明性をアピールするお店があります。
同じように、内装によって、医療の透明性を見せようとしている歯科医院もあります。
しかし、真の透明性のある「ガラス張りの歯科医院」とは内装の話ではなく、治療方法、治療期間だけでなく、比較的マイナス感のある治療費、手術の危険性、手術の失敗率なども包み隠さず明確に説明してくれる医院のことをいいます

1.納得がいくまで説明をします

  • 治療の前に、治療方法、治療期間、手術のリスク、失敗率などをじっくり納得のいくまで説明をします。
  • 診断する際、図・絵や、実際のレントゲンやコンピュータ画面などを用いて視覚的にわかりやすく説明します。
  • 治療費など金銭的な面についても、きちんと明確に説明をします。

2.清潔な環境で手術を行います

  • カーテンやパーテーションで仕切られた環境下で手術をします。
  • 手術をしている真横で入れ歯の調整をするような状態では清潔であるとはいえません。
  • 手術日、時間帯を決めて清潔な環境下で手術を行っています。

3.CT撮影を併用して安全を最優先して診断・治療を進めます

通常歯科医院で撮影する大まかなレントゲン「パノラマ」では、顎の骨の断面形態は把握できません。そのため特に骨の量に不安がある場合は、手術の安全性を優先し術前・術後必ずCT撮影をします。

4.手術前に歯の磨き方指導や歯槽膿漏の治療をしっかり行います

歯槽膿漏などの治療(「歯周治療」といいます)をきっちりと行います。
歯槽膿漏は細菌感染であり、健康なインプラントに影響を及ぼすといわれています。
だから口の中を清潔に保つことは非常に重要なのです。

5.定期検診によって、フォローアップを行います

インプラント手術をしたらそれで終わりではなく、治療終了後も定期的な検診をお薦めしています。
歯科治療では、治療部分だけでなく口の中全体の継続的なフォローアップが必要だからです。インプラントを骨の中に埋めて、その上に被せ物(クラウンやブリッジや義歯)を作るだけでは、治療は完了しません。
噛み合わせは加齢とともに変化するので、力学的環境に影響を受けやすいインプラントにおいて定期健診(リコール)は、特に重要です。患者の口の状態などによって異なりますが、3ヶ月ごと、6ヶ月ごと、長くても1年ごとに定期健診を受けましょう。

ページの先頭へ