大井歯科・当院の設備

HOME >> 当院の設備 >> CT

歯科用CTとは

当院では実際の治療に入る前に、高精細X線画像を使って、患者様の口腔内を精密に検査しております。
立体のCT画像顎全体を分析し、複雑に入り組んだ骨格や、歯根や神経の位置も正確に把握します。
それにより、適格な診断と、安全で確実性の高い治療が可能です。

従来のレントゲンが平面でしか内部を見ることができないことにくらべ、CTでは立体の情報を得ることができるので、より精緻さを要する治療も実現します。

フィンランド・プランメカ社 プロマックス 2D/3Dシステム

当院で使用している最新の検査機器、フィンランド・プランメカ社「プロマックス 2D/3D」システムは、1台で、パノラマ、トランストモグラフィー、TMJ、セファロ、3D画像までが鮮明に撮影できます。

従来の歯科用CTよりもコンパクトなため、患者様の感じる圧迫感が少なく、短時間で多面的な解析・診断が可能です。 また、通常の医科用のCTと比較して放射線の被爆量が少なく、安心してご利用いただけます。

3Dで見る顎の内部と、正確な治療計画

「プロマックス 2D/3D」システムを利用することで、頭蓋骨の内側や骨の内部まで、まるで手に取ったような立体的なデータが得られます。
立体画像を回転させて、歯根を顎の裏から見たり、骨を割って断面を診断する、ということも画面上で行うことができますので、体内を正確に診断、0.1ミリ単位の正確な治療計画を立てることが可能です。

リスクの回避と、患者様の負担の軽減

通常の歯科治療はもちろん、インプラント治療においては、埋入する位置の骨の状態を知るためにCTの立体画像診断は不可欠です。
顎骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに骨密度の診査をしておく必要があります。また、術後もインプラントの定着を確認、その後の治療計画を調整します。
このほか、歯列矯正、歯周病、親知らずの治療などにおいても、精密な検査による客観的なデータが有効です。

通常はCTを保有する他施設まで検査に出向く必要がありましたが、当院では全て院内で検査を済ませることができます。
さらに、リスクを事前に把握できることで、患者様の危険を回避するだけでなく、肉体的、時間的、金銭的負担を軽減いたします。

ページの先頭へ