大井歯科・治療案内

HOME >> 治療案内 >> 様々な治療法

インプラント

インプラントとは

CGF再生療法とは、患者様の血液を最新の遠心分離機にかけることでできる骨再生誘導物質(フィブリンゲル)を使った治療法です。
従来のPRP再生療法とは違い、添加物(抗凝固剤や凝固促進剤など)を一切含まないため、感染リスクが低く安全性も高くなりました。

従来の治療法との違い〜インプラントのメリット〜

● 感染のリスクが低い

● 拒絶反応やアレルギーの心配がない

● 治療後の腫れや痛みが少ない

● 治療後の傷の治りが早い


インプラント治療の流れ

インプラント治療STEP1
CGF用の採血をする 

採血は人間ドックで行う採血方法と同じです。 採血の量は治療により異なりますが、7cc〜35ccです。

インプラント治療STEP2
血液を遠心分離機にかける

CGF作製専用のフィブリンゲルを作製するのに要する時間は、15分程度です。

インプラント治療STEP3
フィブリンゲルを取り出す

機械の遠心力を利用し、患者様の血液から血小板とフィブリンゲルを取り出します。

インプラント治療STEP4
取り出した成分を再生治療に用います。

当院では、さまざまな再生治療にCGFを応用しています。

■抜歯の後の穴を埋める時
■インプラントを埋め込む骨の高さを上げたい時(骨造成)
■歯茎のボリュームを出したい時
■インプラント埋入と同時に骨や歯ぐきのボリュームを出したい時



ページの先頭へ