大井歯科・治療案内

HOME >> 治療案内 >> インプラントとは

インプラント

インプラントとは

私たちは年を重ねるにつれて、歯周病や虫歯などで歯を失ってしまうことがあります。 従来までは、入れ歯やブリッジなどで抜けたところを補ってきましたが、どうしても噛みにくかったり外れやすかったり、歯茎が痩せてしまうなど、様々な問題が生じてきました。

しかし今日、インプラント治療により劇的にこれらの問題点が改善されました。
インプラントとは、歯の抜けた部分に人工歯根部として金属(チタン)を埋め込み、セラミックなどで作られた歯冠を取り付ける治療法のことをいいます。

インプラントは見た目の審美性にも優れ、天然歯のような光沢を持ちます。食べ物を噛んだ感触もしっかりと顎に伝わるため、歯茎が痩せてしまうことなく、まるで自分の歯が蘇ったかのような感覚が得られることも特徴です。
また、使われている金属(チタン)は人体との親和性に優れた素材なので、金属アレルギー反応を起こすこともありません。安心して埋め込むことができるのです。
埋入後も手入れをしっかり行えば半永久的に利用できるため、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

ではインプラント治療とは、どのような治療法なのでしょうか?
インプラント治療についての正しい知識を持って安全な治療を受け、
長く安心して続く「笑顔」と「口福」を手に入れましょう。
ページの先頭へ

従来の治療法との違い〜インプラントのメリット〜

ブリッジってどんな治療?

歯の抜けたところの両隣りの歯を削り型取りをして、抜けた歯の部分に橋をかけるようにブリッジで固定をする治療法です。

ドリルで削ります|ブリッジ
ブリッジをはめ込みます|ブリッジ
  ブリッジのメリット
  • セラミックなど白い歯であれば見た目がきれい
  • 噛みごたえがよい
ブリッジのデメリット
  • 天然の歯を固定源とするため抜けた歯の隣りの健康な歯を削らなくてはならない
  • 抜けている歯が多い(連続して3〜4本)と適用できない

義歯(入れ歯)ってどんな治療?

歯の抜けたところを型取りして、出し入れをするいわゆる「入れ歯」の治療法です。

義歯(入れ歯)   義歯(入れ歯)のメリット
  • 歯を削る量は、わずか
  • 歯が多く喪失した場合でも適用可能
義歯(入れ歯)のデメリット
  • 噛みごたえが悪い
  • 食べ物が入れ歯の下に入ったりする
  • 固い物は咀嚼しにくい場合がある
  • 噛むと歯ぐきが痛むことがある
  • バネなどが見えると見た目が悪い

インプラント治療ってどんな治療?

歯が抜けた後のあごの骨に、手術によって金属製(通常チタン製)のボルト状の人工歯根「インプラント」を埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯を被せる治療法です。

インプラント治療
インプラント治療
インプラント治療
インプラント治療
  インプラント治療のメリット
  • 見た目がよく、天然の歯とほとんど同じ
  • 噛み応えがよく、天然の歯とほとんど同じ
  • 日頃の手入れも天然歯と同じだから、簡単
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 噛んでも歯ぐきに痛みはない
インプラント治療のデメリット
  • 外科手術が必要
  • 手術には神経マヒや上顎洞炎などを偶発する手術の危険が伴う
  • 骨の治療期間が3〜6ヶ月で、全体では1年以上とかかることが多い
  • 全く保険が適応されないので、高額治療となる

他の歯への影響

インプラント ブリッジ 入れ歯

歯の抜けた部分に直接人工歯根を埋め込むため、健康な歯を傷つける必要がない。

健康な歯を削らなければならない場合がある。

歯茎の上に乗せて使用するため、影響はない。

安定感

インプラント ブリッジ 入れ歯

失われた歯根部分の骨を支えに人工の歯を固定する。口の中で不安定に動くことはない。

固定性なので違和感は少ない。ただし、固定するために金属の支えが必要になる場合がある。

歯茎の上に乗せて使用するため、ぐらつきやすく、違和感を感じやすい。

食生活への変化

インプラント ブリッジ 入れ歯

義歯は顎の骨に固定されるため、力を入れて噛むことができる。食事の楽しみも感じられる。

固定されているため、自然に噛むことができる。ただし念入りなブラッシングが必要。

口の中で安定しないため、噛む力も不十分。味覚が変わり、発音に障害が出たり、痛みを感じることもある。

ページの先頭へ

インプラント治療の流れ

インプラント治療STEP1
カウンセリング 

インプラント治療についての流れをご説明し不安や疑問にも丁寧にお答えいたします。どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

インプラント治療STEP2
診査・診断と治療計画の立案

インプラント治療に必要な診査を行いインプラントの治療が可能かどうかを診断いたします。その後治療計画をたてます。

診査・診断と治療計画の立案
CTスキャン

手術をする前に、全身の健康状態(血液検査なども含む)と、さらに口の中の状態、特に残っている歯周の状態や歯の喪失した所のあごの骨の状態を調べ、インプラントの手術をしても大丈夫かチェックします。CTスキャンなどを撮影して骨の形や量の状態を調べてインプラントができるかどうか診断し、被せ物までの治療計画を立てます。

インプラント治療STEP3
1次手術 −フィクスチャー埋入の手術−

歯の根に相当する部分インプラントの部品(=フィクスチャー)を、あごの骨に埋入する手術を行います。局所麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けることができます。

1次手術
1次手術

歯が喪失した部分の歯ぐき(粘膜)を切って、あごの骨にドリルで穴をあけ、歯の支えとなるインプラント(「インプラント体」「フィクスチャー」といいます)を骨の中に埋め込みます。

生体に馴染みのよいチタンという金属が材質として多く使われています。

インプラント治療STEP4
骨の治癒

この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3〜6ヶ月)

■治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
■この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

骨の治癒

最近では、インプラントの埋め込み直後や早期に力をかける事もありますが、インプラントと骨がしっかりと定着する(骨がインプラントに寄った状態を「オッセオインテグレーション」といいます)のに、下あごで3ヶ月、上あごで6ヶ月かかるといれています。

インプラント治療STEP5
2次手術 −アパットメントの連結−

人工歯の支台となるインプラントの部品(=アパットメント)をフィクスチャーに連結します。
※この時、簡単な手術を行う場合もあります。

1回法という手術法では、1次手術においてインプラントは頭だしされているためにこの手術ステップはありません。一方、2回法のインプラントでは骨の治癒後、粘膜を切開してインプラントの頭を出します。

2次手術
インプラント治療STEP6
補綴治癒 −人工歯の装着−

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。その型に従い人工の歯を作製します。その後、アパットメントの上に人工歯を装着して完成です。

補綴治癒
補綴治癒

補綴治療の順序として、まず仮歯(「暫間補綴物」といいます)をインプラントの上に被せて歯の形や噛み応えを確認し、その後最終的な被せ物(「最終補綴物」といいます)の作製をするのが一般的です。

インプラント治療STEP7
メンテナンス

治療後はおよそ3ヶ月おきにメンテナンスを行います。インプラントを埋めたからといっても日ごろからの自己管理がなされていないとインプラントの寿命も短くなってしまいます。

インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。指導に従い正しい歯磨きを心掛けてください。

ページの先頭へ

インプラントの治療イメージ

単独の歯が無い場合の治療イメージ
 
インプラント症例   インプラント症例

歯を失った状態。

 

骨にドリルで穴を開けインプラントを埋め込んだ状態。このインプラント本体(フィクスチャー)を埋め込む手術を1次手術と呼びます。

 
 
インプラント症例   インプラント症例

仮の歯を作り、3〜6ヶ月インプラント(フィクスチャー)が骨と強固に結合するまで待ちます。

 

3〜6ヶ月後インプラントが骨と強固に結合したら、インプラントの頭の部分を掘り出しネジ(ヒーリングアバットメント)を装着して歯茎が治るのを待ちます。
このインプラント本体(フィクスチャー)を掘り出す手術を2次手術と呼びます。

 
 
インプラント症例   インプラント症例

歯を取り付ける為の土台(アバットメント)をネジとめします。

 

最終的な歯を装着します。

複数の歯が連続して無い場合の治療イメージ
 
インプラント症例   インプラント症例

歯が無くなりました。

 

骨にドリルで穴を開けインプラントを埋め込んだ状態。このインプラント本体(フィクスチャー)を埋め込む手術を1次手術と呼びます。

 
 
インプラント症例   インプラント症例

3〜6ヶ月後インプラントが骨と強固に結合したら、インプラントの頭の部分を掘り出しネジ(ヒーリングアバットメント)を装着して歯茎が治るのを待ちます。
このインプラント本体(フィクスチャー)を掘り出す手術を2次手術と呼びます。歯を取り付ける為の土台(アバットメント)をネジとめします。

 

最終的な歯を装着します。

歯が一本も無く総入れ歯の場合の治療イメージ

インプラントはそもそも、歯が全くない下顎で、入れ歯が痛かったり動いたりして、食事が不自由な人の為に開発されました。下顎前歯の中央部に4本〜6本のインプラントを埋め、入れ歯を固定する目的で使用されました。このタイプの治療をオーバーデンチャーと呼びます。

 
インプラント症例

左は4本のインプラントを金属の棒でつなぎ、棒とクリップで入れ歯を固定するタイプの補綴方法です。
通常入れ歯は取り外し式になります。

また、義歯は粘膜と接触して、咬む力を粘膜でもある程度支えることになります。 このタイプの治療方法をオーバーデンチャーと呼びます。

 
 
インプラント症例

左は6本のインプラントと入れ歯を直接ネジで固定するタイプの補綴方法です。

インプラントは奥歯の部分まで埋めてあり、通常入れ歯は自分で取り外すことはできません。義歯は粘膜とは接触しておらず、粘膜と義歯の間には隙間があります。咬む力はインプラントのみで支えることになり、上記のオーバーデンチャーと比べると多くのインプラントが必要になります。
このタイプの治療方法をボーンアンカードブリッジと呼びます。

ページの先頭へ

インプラントQ&A

注目のインプラントですが、まだまだ、その内容をきちんと把握できていない場合が多いようです。基本的な知識から、気になる料金までお答えします。

インプラントと差し歯は違うのですか?

まったく違います。差し歯は、自分の歯の神経を抜いて(あるいはすでに神経が抜かれている)根の上に人工の土台を建て、それに人工の歯をかぶせるものです。一方、インプラントは、歯がなくなった(根もなくなった)あごの骨に金属の根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせるものです。

言い換えると、差し歯は自分の歯がある時に行う「かぶせもの」の治療であり、インプラントは歯がなくなった時の治療です。

インプラントは、歯が1本だけなくなった時も、全部の歯がなくなっている時でもできます。全部の歯がなくなっている場合は、数本のインプラントの根を埋め込み、その上にブリッジまたは取りはずしの総入れ歯を作ります。

インプラントを入れると、もう一生そのままでいいのですか?
入れた後は、ケアしなくてもいいのですか?

現在スタンダードになっているインプラントは1960年代からスウェーデンで始まり、その後80年代初めにアメリカやヨーロッパ先進国と日本に紹介され、世界的に普及が始まりました。

治療後には、インプラントの根の上にかぶせた歯、あるいは取りはずしの入れ歯の修理などが必要になる場合がありますが、かなり長く使うことができます。すでに40年以上うまくいっている例もあります。

治療後に最も重要なことは、治療してもらった歯科医院(あるいは病院)で定期検診を受けながら、自分の歯以上に毎日こまめに口腔(こうくう)ケアをすることです。

歯磨きがきちんとできなければ、プラーク(歯垢・しこう)と呼ばれる細菌のかたまりが人工の歯や根とのつなぎ目のところ、またインプラントの根の表面などに付着します。細菌がたまって炎症が起こると、インプラントの周囲の骨が溶かされ、根の部分がぐらぐらしてきます。

ですから、インプラントを希望する患者さんは、まず日常の歯磨きがきちんとできなければなりません。そこで、何をさておいても歯磨きの指導が行われます。

定期検診では、プラーク除去や歯磨きがうまく行われているかのチェックとともに、かみ合わせがうまくいっているか、かぶせものの表面がひどくすり減っていないかなど、歯科医が専門的にチェックします。

しっかりと口腔ケアを身につけ、歯科医の定期検診を受けながら、自分でインプラントの管理をしていくことができれば、長く使うことができます。

インプラントは誰でも受けることができますか?

インプラントは誰でも受けることができますか?

身体的な条件ということでは、ほとんどの人は受けることができます。しかし、なかにはできない人もいます。年齢でいえば、成長途中にある20歳前の人には原則行いません。一方、高齢者は健康であるならできるとされています。ただし、将来要介護状態になり自分で管理できなくなる可能性も考えておく必要があります。

高血圧や糖尿病の方でも、病気をしっかりコントロールできていれば、行うことは可能です。インプラント材料のチタンアレルギーの方やあごに放射線治療を受けた方は難しいです。骨粗しょう症の注射や飲み薬、また長期間ステロイドを使っている人なども避けたほうがいいと思われます。喫煙はインプラントが失敗する大きなリスクとなります。

骨がインプラントに結合して安定するまで3〜6か月かかるので、その間きちんとかかりつけの医師と一緒に持病を管理し、さらに歯科医の指導により口腔ケアをすることが必要です。それができない人に、決して勧めることはできません。

インプラントは、なぜ、あんなに高いのですか?

インプラントは、なぜ、あんなに高いのですか?

インプラントは健康保険が使えない自費の診療です。ですから、個々の病院や歯科医院が自由に治療費を設定しています。

基本的に(1)根の部分、(2)つなぎの部分(アバットメント)、(3)かぶせものの部分の三つに分けられます。根の部分が1本2万〜10万円以上であり、さらにアバットメントと上にかぶせる人工の歯の費用が加わることになります。かぶせものの材料は見た目の自然感やかむ力を支える強度を考えてセラミックや貴金属などを用いるので、かなりの費用になります。また、あごの骨に埋め込むためのCTなどの十分な検査、埋め込み用のガイド製作費や手術費用も加算されます。

私の病院を例にとると、地域歯科医院の治療費を参考にしながら費用を設定しています。インプラントの根の部分にどのメーカーのものを使うか、かぶせものの材料に何を使うかなどにより費用は少し異なりますが、およそ1本30万〜40万円となっています。

安いインプラントは大丈夫ですか?

安いインプラントは大丈夫ですか?

安全で適切な治療には、それ相当のコストがかかることは、ぜひ知っておいていただきたいと思います。

1本10万円程度など一見安い治療費用となっているものもみられますが、内容をよくみると、検査や手術の費用が別になっているケースもあります。また、根の部分はメーカーにより価格が異なっているので、安いものを使えば、治療費は低く設定できますが、安いものの中には十分な研究データの裏付けがないものもあります。

また、器具の滅菌など感染防止対策なども治療費に入ります。安いのはよくない、といちがいには言えませんが、あまりに安い費用をアピールするような場合には十分に注意してください。

費用については、治療を行う前に歯科医から十分説明があるはずですから、その説明をよく聞いて、また不明な点はしっかりと質問してください。

それでもよくわからない場合には、違う歯科医院や病院で話を聞くなどして(これをセカンドオピニオンと言います)、インプラントにするかどうか、最終的に判断するようにしてください。

総入れ歯をインプラントにする割安な方法があると聞きました。
日本での現状なども教えてください。

それは、「オールオンフォー」のことでしょう。これは、歯がまったくないところに基本的に4本のインプラント(6本の場合もあります)を埋めこみ、その手術直後に、12本の連結された歯をネジ留めする治療法です。「4本のインプラントの上にすべての歯を作る」という意味の名称です。

この治療法はポルトガルの歯科医が開発したもので、2003年ごろから学術論文に紹介されるようになりました。最近報告されている3〜5年までの経過を見ると、良い結果が示されています。

しかし、4本のインプラントで長期間かむ力を支えられるかについては、力学的研究が始まったばかりです。

日本でもうまくいっているケースはあるようですが、学会でのきちんとした報告は、まだあまりみあたりません。骨があまりなかったり、軟らかかったりする場合には、注意が必要です。1本がだめになったらどうするのか、気がかりなところもあります。

手術したその日に好きなものが食べられると期待されますが、固定するまでの3〜6か月間は軟らかい食べ物をとり、あまり力がかからないようにする必要があります。また、歯ぎしりのある人は失敗やトラブルの危険が高いと言われています。

治療費は、6本程度のインプラントを埋入する通常の治療法に比べ、4本と少ないので、割安になると言えるでしょう。しかしこの治療法は科学的に確立された技術とは言い難いので、何かあった場合の対応なども含めて、歯科医の説明をよく聞いてください。

ページの先頭へ