大井歯科・治療案内

HOME >> 治療案内 >> 保険各種の紹介

保険各種

保険診療・自由診療について

保険診療

「保険診療」とは、国民健康保険・社会保険を使用して治療費の一部を患者様にご負担いただく診療のことです。 当院は、各種健康保険診療を行うことができる保険医療機関です。保険診療の範囲での治療計画もご案内しております。

また、予防・虫歯治療・歯周治療などのごく一般的な治療内容を指す一般歯科も、保険診療になります。

一般歯科の詳細はこちら

自由診療

「自由診療」とは、国民健康保険・社会保険で適応できない材料を使用した治療、認められない治療内容を歯科医師と患者さまの間で治療の契約を結び、全費用を患者さまにご負担いただくものです。
自由診療で使用する材料・器材においては、患者さまの安全やアレルギー反応の心配のないもの、少ないものが多く、歯科材料としてすぐれた物性をもつものがたくさんあります。

当院では術前のコンサルテーションにて保険診療・自由診療双方の説明をさせていただきます。
ご質問がございましたらお気軽にお尋ねください。

自由診療の内容の一部

矯正治療(一部保険診療を認めるものがあります)・インプラント治療・歯周再生療法・ホワイトニング・レーザー治療

保険の範囲で使用できない
材料を用いたかぶせ物治療

セラミック・ジルコニア・ゴールド・プラチナ・ハイブリッドセラミクス・金属床義歯・ファイバーコア

保険診療では短期間に
治療できない箇所の治療
  • 歯石除去を短期間集中して行う
  • 保険診療で行えない範囲のクリーニング
  • 自由診療を行った箇所のメンテナンス

一般歯科の概要

予防歯科

歯は一度虫歯になってしまうと二度と元には戻りません。ですので日頃から正しいブラッシングはもちろんのこと定期的に来院していただき、虫歯の原因になる歯石の除去やフッ素塗布などにより歯の再石灰化を促し、常に歯のメンテナンスをすることをお勧めします。痛くなる前に医院に通うのは抵抗があると思いますが痛くなってからの費用や治療の時間を考えればかなりお得です。

虫歯治療

虫歯の治療は、その程度にもよりますが極力削らない治療を心掛けており患者様の負担を軽減しております。それでも進行してしまった虫歯の治療には時間と負担がかかってしまうので出来るだけ早めに治療を受けてください。

段階 症状 治療内容
初期の虫歯 ほとんど痛みがない。
何となくしみる程度。
小さな虫歯はコンポジットレジンという歯と同じ色合いの樹脂でつめる治療をします。 治療回数は1回で済みます。
中程度の虫歯 冷たい、熱い、甘いがしみる 象牙質まで虫歯が進行している場合は神経を保護する処置をした後、型を取って部分的に詰める治療をします。型を取った後、詰め物(インレー)が完成するまで時間がかかります。
重度の虫歯 ズキズキ痛む、物をかむと痛む 虫歯が神経まで達した場合は、まず神経を取る処理をしてから土台を立てて最終的に全体的にかぶせる治療をします。治療期間が長くかかる場合があります。

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)とは歯と歯茎の隙間にばい菌が入り込み、知らず知らずのうちに歯槽骨を溶かして歯が抜け落ちていまうという恐ろしい病気です。
また、歯周病は「沈黙の病気」とも呼ばれており、発症しても痛みがないため自覚症状のないまま進行していき、気がついたときには取り返しのつかないという事もございます。

初期症状としてブラッシングにより出血がみられ、中期として歯茎に炎症ができ、そのうちグラついてきます。
重度になると口臭や出血がひどくなり食事にも支障が出ます。

初期の段階で是非ご相談ください。

入れ歯

「入れ歯」というと患者様の多くがあまり良いイメージを持たれませんが、当院では患者様の口腔状況に合わせた最適の入れ歯をご提供できるよう努力しております。外れやすい、目立つといった、悩みに対応できるよう常に工夫を重ねておりますので、やむを得ず歯を失ってしまった方は是非ご相談ください。

ページの先頭へ